シロギス釣り

【インプレ】(今の所欠点なし)ストラディックCI4+ C2000HGSは船シロギスに最適



船シロギス用のスピニングリール、何を使ってますか?

拘らない方も多い船シロギス用のリールですが、ステラやヴァンキッシュのような高級リールにも負けない性能を持ち、且つ、比較的安価なスピニングリールがあったら欲しいと思いませんか?

私、見付けちゃいましたよ!

やまちゃん
胡散臭いな~

船シロギス釣りのスピニングリールに求められる機能とは

船シロギス釣りのスピニングリールに求められる機能は3つあると思っています。

ペンシルグリップでも疲れない「軽さ」

まず一つ目は「軽さ」。

ペンシルグリップする人にも持ち重りしないような軽量リールが求められます。
個人差もありますが、170g以下まで軽量化されたスピニングリールが扱いやすいのではないでしょうか。

冬場の落ちギスにも対応する「1回転当たりの巻上長の長さ」

二つ目は「1回転当たりの巻上長の長さ」。

夏場はローギアのリールでも構いませんが、水深20mを超えることも多い冬場のシロギス釣りには、ハイギアの巻上長の長いリールは必須です。

数釣りにこだわるのであれば、手返しにも関わる重要な要素といえます。
1回転で70cm以上巻き取れるスピニングリールが理想ですね。

「1回転当たりの巻上長が長い」けど「巻き心地は軽い」スピニングリール

そして最後に「巻き心地」。

一般的に、ローギヤで巻上長の短いリールの方が巻き心地は軽いです。
ハイギアのスピニングリールで軽い巻き心地を求めると、ステラやヴァンキッシュのようなハイエンドモデルに落ち着きますが、「シロギスにそこまで高価なリール・・・」と考える方も多いのではないでしょうか。

私も同じ考えで、使い勝手はいいけど価格は比較的安価というスピニングリールを探してみました。

やまちゃん
そんなうまい話(リール)、あるわけない!

「軽い」「1回転当たりの巻上長が長い」「巻き心地」を備えたストラディックCI4+

「軽さ」「1回転当たりの巻上長が長さ」「軽い巻き心地」を兼ね備えて且つ、ステラやヴァンキッシュより安価。
それが、今回ご紹介する「ストラディックCI4+ C2000HGS」です。

ヴァンキッシュ同等の軽さと巻き心地のストラディックCI4+

「HAGANE」ギア:金属の塊を約200トンの圧力でプレスし、切削なしにミクロン単位の精度で仕上げる。
精密冷間鍛造と言われる独自の技術が、硬く、粘り強くギアを生み、なめらかな巻きごこちを可能にする。
X-SHIP:ドライブギアの大径化、ピニオンとドライブ両ギアの最適配置、ピニオンギアのベアリングによる2点サポート。
これら頑強なギアの噛み合わせが、負荷に強い軽快なリーリングを保持する。
コアプロテクト:水玉を形成して水を弾く撥水処理(水玉効果)を各部に配置し、回転レスポンスや軽さを維持したままボディ内部への水や異物の侵入をブロックします。

「19 ヴァンキッシュ C2000SHG」と比較してみる

スペックを検証するために、ハイエンドモデルの「19 ヴァンキッシュ C2000SHG」と性能を比較してみました。

ストラディックCI4+ C2000HGS

自重(g):約160
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):79
実売価格:19000円~21000円

19 ヴァンキッシュ C2000SHG

自重(g):145
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):82
実売価格:40000円~45000円

重量15g、巻上長は3cmほどヴァンキッシュに軍配が上がります。
そして、価格差は凡そ2倍。

これをどう捉えるかですね。
私は金欠なこともあり、安価な「ストラディックCI4+ C2000HGS」を選択しました。

【インプレ】ストラディックCI4+を実践投入する

購入したストラディックCI4+を早速、船シロギスの実践に投入しました。

「19 ヴァンキッシュ C2000SHG」と同時使用すればストラディックの真の実力(使用感)を実感できると思うのですが、ヴァンキッシュを買ったら本末転倒なので、既に持っている一つ前のモデル「16ヴァンキッシュ C2000HGS」との使用感の違いを確認しました。

ちなみに、「16ヴァンキッシュ C2000HGS」のスペックは下記の通り。

自重(g):155
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):80
カマーチョ
ほとんどストラディッCI4+と同じですね。あとは使用感がどう異なるかですね

【結論】ストラディックCI4+は「16ヴァンキッシュ C2000HGS」に負けず劣らずのハイコスパスピニングリール!

当日は2本竿で、両方のリールを交互に使用しました。
リールはあまり意識せず、両者の違いを感覚的に感じるように意識してテストしました。

この日のシロギス釣りは水深約23m。
巻き心地の軽さと持ち重りの違いを確認するには絶好の条件です。

交互に巻き上げ続けるような高活性の展開で、少しでも両者に差があれば感覚的に分かりそうなものですが…

両者の違い、特に、ストラディックCI4+が劣っているという感覚は全くありませんでした。

やまちゃん
あんたが鈍いだけかもしれんけどな~

買ってよかったストラディックCI4+。
今後、私の主力リールとしてシロギス釣りで大活躍することでしょう。

ヴァンキッシュ同等の軽さと巻き心地のストラディックCI4+

「HAGANE」ギア:金属の塊を約200トンの圧力でプレスし、切削なしにミクロン単位の精度で仕上げる。
精密冷間鍛造と言われる独自の技術が、硬く、粘り強くギアを生み、なめらかな巻きごこちを可能にする。
X-SHIP:ドライブギアの大径化、ピニオンとドライブ両ギアの最適配置、ピニオンギアのベアリングによる2点サポート。
これら頑強なギアの噛み合わせが、負荷に強い軽快なリーリングを保持する。
コアプロテクト:水玉を形成して水を弾く撥水処理(水玉効果)を各部に配置し、回転レスポンスや軽さを維持したままボディ内部への水や異物の侵入をブロックします。

ちなみに、ハイエンドモデルの「19 ヴァンキッシュ C2000SHG」はこちら

かつてない「軽さ」「強さ」「飛び」を極めて。揺るぎなきクイックレスポンスシリーズの頂点。ボディ、ローターからハンドルに至るまで、全ての箇所への軽量化を徹底追求。現行モデルを凌ぐ圧倒的な軽量化に成功。それにより、さらなる操作性向上と感度アップを実現した。しかも、これだけの軽量化を施したにも関わらず、ボディ剛性、ギア耐久性、防水性を向上させるという軽量化とは相反する進化にも成功した。さらに、それだけにとどまらず、ステラ以外のモデルでは初となるロングストローク構造を採用し、遠投性能をも向上。ヴァンキッシュ史上最も進化したモデルと言えるだろう。どんな状況下でも、釣果を追い求めるストイックでテクニカルなアングラーに是非使ってもらいたいモデルだ。

この価格で、この巻き心地。そして軽い。
船シロギス釣りに最適といっても過言ではない「ストラディックCI4+ 2000HGS」
船シロギスのスピニングリールをお探しの方には自信を持って、おススメいたします!

ところで、「19 ヴァンキッシュ C2000SHG」を安く売っている店をどなたか知りませんか?

やまちゃん
やっぱり欲しいんじゃねぇか!!

よく読まれている記事

1

昔は高価だった電熱ベストが今では格安に 年末に買ったLECDDLの電熱ベスト(ヒートジャケット )が素晴らしすぎました。 きっかけはAJさんのこちらのツイート。 モバイルバッテリーの減りが早い気がしま ...

2

はじめに ライトタックルアジ、略してライトアジ(もっと略すとLTアジ)。言わずと知れた東京湾の安定株で、初心者からベテランまで楽しめるファミリーフィッシングの代表格的な釣り物だ。私もそんなライトタック ...

3

今回は、私が愛用している船釣りアイテムの中から、厳選して5アイテムを紹介します。 どれも有名な商品ではありますが、まだ持っていない方の検討材料となれば幸いです。 フィッシングジェルクッション(サニー商 ...

4

船釣り。初心者には敷居が高いですよね。 船長、恐くないかな。道具はこれだけでいいのかな。 私も初めての船釣りは不安だらけだったことを今でも覚えています。 残念ながら、船釣り業界(船宿)にはサービス業の ...

5

カワハギ釣りを始めるなら穂先の柔らかい竿を選ぼう 結論から先に書きます。 カワハギ釣りをこれから始めようとしている方は、穂先の柔らかい竿を選びましょう。 何故、柔らかい穂先の竿を選ぶべきなのか、そして ...

-シロギス釣り
-, , , ,

Copyright© CRカワハギちゃん倶楽部2 , 2020 All Rights Reserved.